DFFOO速報 | ディシディア ファイナルファンタジー オペラオムニア攻略まとめ

ディシディアFF オペラオムニア(DFFOO) 攻略にも関係するかもしれない、各シリーズのストーリー!今回は『FINAL FANTASY Ⅶ』

今回紹介するのは、FFシリーズの中でこれまでのファンタジー要素を抑え、サイバーパンク感が一気に増した世界観の『FINAL FANTASY Ⅶ』。
このシリーズもかなり人気があり、FF7からFFシリーズを始めたという人も多いようです。

ディシディアFF オペラオムニアに登場するクラウドやセフィロス等人気キャラが数多く登場する作品です。


 
 

FINAL FANTASY Ⅶ


ストーリー


クールでと友達にしたくないような性格のクラウドが冒険を通して人間的に成長していく。

魔晄エネルギー――それは人々の生活に不可欠な新時代の資源。魔晄を管理する神羅カンパニーは、またたく間に巨大企業となり、いまや世界の覇権をにぎっていた。しかし、魔晄エネルギーとは星の生命そのものであり、魔晄を資源として使うことは星の命をすり減らす行為にほかならない。危機感を抱く一部の者は反神羅組織を結成し、大都市ミッドガルを中心に、神羅への抵抗活動をくり広げていた。
凄腕の傭兵クラウドは、反神羅組織アバランチに雇われながらも、星の行くすえには無関心だった。だが、星と対話する古代種の生き残りエアリスと出会い、また、星の脅威となりうるかつての英雄セフィロスの復活を知って、しだいに考えを改めていく。星を救うべく集まった仲間とともに、故郷を奪った仇でもあるセフィロスを追うクラウド。その旅は、彼が無意識に避けていた真実と向き合うことを余儀なくさせるものだった。本当の自分とは何か、自分は何のために戦うのか――悩みながらもクラウドと仲間は、星の未来をかけた戦いに挑む。
(引用元:http://www.finalfantasy.jp/)

特徴


▶装備

本作は従来のように武器や鎧、頭防具、盾のように身につけられる装備は多くなく、武器と防具(腕輪)とアクセサリーの3つのみ。
装備品にはマテリアという、何かしらの能力・効果が宿っているアイテムを装着することができ、マテリアを装着した装備品を身につける事によってそのマテリアの能力を扱う事ができるようになります。

▶マテリア
マテリアには魔法が使えるようになるもの、召喚魔法が使えるようになるもの、ステータスをあげるもの、通常のマテリアを強化する支援マテリア等、色々な種類のものが存在します。

バトル


従来のATB(アクティブ・タイム・バトル)を引き継いでいるので、時間的にリアルな戦闘を行う事が出来ます。
また、必殺技ともいうべき「リミット技」というシステムが追加されていて、敵の攻撃を受けたときに蓄積されていくリミットゲージをMAXまで溜めると使えるようになります。

 
 

【ネタバレ注意】FF7のストーリーを簡単・的確に説明してくれている画像がこちら。



とりあえずほんとに大体こんな感じです。

 
 

まとめ


実は管理人が最初に始めたFFシリーズがこのFF7でした。当時は「ドラクエ派」だったので、FFって何か大人向けっぽいし難しそうだしあんまりおもしろくないんでしょ!みたいな先入観の塊だったのですが、オススメされてやってみたら世界観がすごくて最高に面白かった…という記憶があります。
あとキャラが本当に魅力的。特にクラウドやセフィロス、ヴィンセントなんて自分が持っている中二心をくすぐられるようなキャラのため、ドハマリしました。

このタイトルも色々な機種に移植されてリリースされているので、まだ未体験の方はぜひぜひやってみてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

PageTOP